日本のIT土方で消耗するくらいなら海外就職したほうが幸せになれる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 76

IT土方に海外就職のススメ_1

こんにちは、なぐもさむです。

「海外で働くなら英語がペラペラでないとダメじゃないの?」と多くの人は思うかもしれません。

もちろん、ある程度の英語は必要ですよ。少なくとも、オンライン英会話でたどたどしくとも会話が成立することと、時々辞書引きながらの読み書きの両方に慣れるくらいがベターです。

ただ、語学の習得は日々の積み重ねですから、どうしても時間はかかります。

仕事しながらでは時間を確保しづらいですし、私みたいにアラフォーになってからのスタートですと、若い人より学習スピードが遅いのは否めません。

語学を習得する時間を確保できるのなら、それがベターです。しかし、海外就職をすぐに実現するのを目指すのなら、一番の近道はスキルを身につけることです。

中でも、海外で大きな需要があるのはIT業界のスキルです。

しかし、日本のIT業界で働くいわゆる”IT土方”の人は、自分のスキルを低く自己評価している人が多い気がします。

そんな日本だけでなく海外でも需要があるスキルを持っているのに、業界や職場での不満を抱えたままズルズルと消耗している人が多いので、すごくもったいないです。

そこで今回は、日本のIT土方の人が幸せになる方法として、日本のIT業界の経験を評価してくれる海外の職場で働くことを提案したいと思います!

スポンサーリンク

まずITゼネコンとIT土方について

ここで前提として、日本のIT業界ではびこっている“ITゼネコン”という構造と、そこで苦しんでいる“IT土方”について説明します。

ITゼネコンとは?

日本のIT業界は、建設業界のゼネコンと同じように多重の下請け構造がまかり通っています。

それをITゼネコンというわけですね。

ITゼネコンの構造
出典 : 知らないと一生後悔するITゼネコンの構造

この図のように、ピラミッドの頂点が元請けとなる大手ベンダーです。システムインテグレーター(SIer)などと言われるところの大手になります。

顧客から仕事を受注するのは、これらの国内大手ベンダー(富士通・NEC・日立など)か外資系大手ベンダー(IBM・HPなど)、あとはNTTなどの大企業系列のベンダーです。

彼らのメインは、顧客との折衝やマネジメントがメインで、実際の開発や運用にはほとんど関わりません。マネジメント路線を目指す人にはいいですが、プログラマーとしてバリバリとコードを書きたい人には不幸な環境ですね。

ただピラミッドの頂点だけに、給与や福利厚生はしっかりしており、労務環境もあまりひどくないでしょう。

IT土方とは?

IT土方と呼ばれるのは、上記ピラミッドの下請け以下のエンジニアたちです。

下に行けば行くほど給与や福利厚生も労務環境もひどくなり、立場も弱くなることから、そのように揶揄されてます。

私が日本で所属したSIerは、下請けにあたるポジションでした。

元請けが作ってきた大きなシステムの設計を元に、下請けは各会社ごとに担当するシステムの開発や運用を実際に行います。

我々は下請けですから、元請けに指示された通りにしないといけませんので、自由度は高くありません。プログラミングをする開発担当も、イメージとは裏腹にクリエイティブとは無縁の業務です。

さらに孫請けまでになると、テストなどもっと単純な業務がメインとなるので、もっと自由度は低くなります。

ちなみに、勤務地は元請けのオフィスか顧客のオフィスになるのが通常です。しかも、元請け企業の社員という名目なので、下請け以下は自分の会社名を名乗ることはできません。

そして、元請けのメンバーが失敗してもクビになりませんが、下請け以下のメンバーが失敗したら、元請けは簡単にそのメンバーをクビにできます。同じ下請け企業の別のメンバーか、別の下請け企業のメンバーに交代するだけですから。

私のいた現場でも、下請け企業同士での足の引っ張り合いは珍しくありませんでした。

日本のIT土方は地位も自己評価も低すぎる

ここまで読んで、ITゼネコンでIT土方になりたいって人はまずいないでしょうね。。。

激務なのに給料は高くないし、ピラミッドの下という意識もあるから、楽しそうにしている人はあまり見たことないです。

しかし、そこからのステップアップや別の環境へ脱出しようとする人も、あまり見たことがありません。

これは日々の激務で動く暇がないという原因ではないと思うんですよね。

本当にあなたを求めている環境があるのを知ってほしい

IT土方に海外就職のススメ_2

すでに述べたように、日本のIT業界を経験している人への需要は海外でも大きいです。

なぜなら、「特殊なマーケットである日本で実務を経験している日本人」であり、「日本のIT業界での実務を経験している」という、この2つのスキルがあるからです。

例えば、日本のITゼネコンにおいて、ネットワークやサーバの運用監視業務は多くのIT土方によって支えられてる典型的な業務です。

ネットワーク系で最初に通る登竜門的な業務ですが、上にステップアップする人より、そのまま似たようなプロジェクトを渡り歩く人が多い気がします。(下請けから元請けに上がるのは難しいこともあります)

私も経験者ですし、そういう人をたくさん見てきました。

しかしこういうのは、海外の拠点へ移管されるのも多い業務の一つです。

その海外の拠点も、日本側の顧客とコミュニケーションをとることは多々あります。

その際に求められるのは、日本の実務をよく知っている日本人です。

世界から見ても独自要素が多い日本のビジネス。日本語が得意な外国人でも、実際に日本で働かないとわからないことだらけです。

だから、そんな日本のビジネスや特殊な事情を経験して知っている事自体が一つのスキルになります。

英語ができる人はたくさんいても、日本の特殊な事情を知ってる人は多くありません。

なにより、そんな日本の特殊な事情を知る日本人が海外にやってくるのは少ないので、現地では希少価値がある人材になります。

このように、日本でIT土方を経験していること自体を高く評価してくれる環境があるんです。

単にその環境が日本になかったというだけ。

極寒の北国より、常夏の国でかき氷を売るほうが高い値段でも売れますよね?

環境を変えるなら、一度海外を経験してみませんか?

あとは、海外に行くことに興味があるか。

そして、興味があるならやるかやらないかです。

いくら職場の環境を変えたくても、興味がない人が海外に行っても決して幸せにはなりませんからね。

ただ、海外の特に外資系企業は、日本のIT土方より労務環境はずっといいです。

年休はすべて消化する必要がありますし、私の前勤務先でも1-2週間の休みは普通に取れました。

テレビでセレブ生活扱いされましたが、日本人の現地採用の多くがこんな生活をしています。

ボンビーガール「マレーシアで月給20万円のセレブ生活」は本当なのか?に答えてみたよ
こんにちは、なぐもさむです。 最近、先日6月30日に放送されたボンビーガールを見た友人から、本当にマレーシアは月給20万円でセレブ生活...

そして、海外に行っても馴染めなかったらどうしよう?と心配する人へ。

それは失敗ではありません。人それぞれに適性があるかどうかというだけです。

ダメだったら、堂々と帰国すればいいんです。

海外に興味があれば飛行機のチケットを買って渡航して、現地が合わなくてダメなら帰るとシンプルに考えればいいと思いますよ。

それでも海外で就職してみたい!と思ったら、海外就職に強い転職エージェントに話を聞いてはいかがでしょうか?

私もお世話になったJAC Recruitmentは、現地採用でも駐在員でもたくさんの求人があります。海外にも多数拠点がありますので、現地のエージェントから多くの案件を紹介していただきました。

海外就職に興味があるなら、一度は話を聞くべきエージェントだと思います。

>> 海外転職ならJAC Recruitment

ただし海外の求人は日本以上に実務経験が求められる

IT業界が需要高いのなら、未経験だけど就職したい!という人も、日本でならどこかしらに潜り込めるかと思います。(ピラミッドの下請け以下になるでしょうが)

ただ、日本で未経験の業界に海外就職するのは、どの業種でも厳しいです。

海外で企業が日本人を雇うことは、現地メンバーよりずっと高給になるだけでなく、就労ビザ発給などによる高いコストが必要になります。

そのコストを払ってでも雇うのは、現地メンバーにできないスキルがあるからです。

となると、最初は日本のIT業界に潜り込んで、少なくとも2-3年は経験を積んでから海外を目指すのがいいかと思います。

日本で就職するにしても、未経験者なら資格をとったほうが評価も上がって、いい条件で就職しやすいでしょう。(本当の未経験者だと孫請けレベルに就職の可能性もあります)

ネットワークの運用監視業務からいずれは構築ができるようになるのを目指すなら、 リナックスアカデミー というスクールで勉強するのがオススメです。

特にオススメしたいのは、LAネットワークエンジニアコース。サーバやルータの実機を使った環境があるので、単に試験対策にとどまらない勉強ができるでしょう。(現場でサーバやルータは手順書通りにしかオペレーションできないので、自由にいじることは困難です。)

そして、CCNAやLPIC等の資格を取得してから就職するといいと思います。

>> リナックスアカデミー

まとめ

以上、日本のIT土方の人が幸せになる方法として海外就職を提案しましたが、いかがだったでしょうか。

IT業界に就職するような人は、私も含めて皆さんITの分野に興味があるはずです。

私の経験からすると、それでも日本のIT業界を離れたくなるのは、ITに興味が無くなったというよりも単にITゼネコンの環境が嫌になったというだけの人が多いと思います。

だからこそ、本当にIT業界を離れる前に一度違う環境を試してほしいんです。

それが海外なのかどうかは人それぞれですが、海外だったらぜひチャレンジしてみてください。

私が海外就職をしたときにやったことの詳細は、以下の記事も参考にしてください。

タイとマレーシアへの海外就職でアラフォーの私が内定するまでやった事を時系列でまとめてみた
こんにちは、なぐもさむです。 私のサイトは海外就職のネタが多い事もあり、海外就職に興味を持たれる人も多く見ていらっしゃるようで...

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする