「四眼仔肉骨茶」バクテー発祥の地Klangで一番のオススメ店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73

こんにちは、なぐもさむです。

皆さん、バクテー(肉骨茶)ってご存じですか?

豚バラ肉や豚ホルモンなどを、野菜と一緒に漢方薬や中国醤油で味付けして土鍋で煮込んだ料理です。

マレーシアやシンガポールを中心に、アジアの中華系が多いエリアではあちこちで食べられるとてもポピュラーな料理ですが、日本ではほとんど食べられるお店はありません。

東京でも片手で数えられるくらいのレストランでしか食べられないようです。

しかし、薬臭かったりとか漢方薬独特のクセもあまりなく、こってりしすぎずご飯にもよく合うので、日本人なら必ず好きな味だと思います。

そして、このバクテーはクアラルンプール郊外の港町Klang(クラン)が発祥の地です。

クアラルンプール中心部にも新峰肉骨茶(Sun Hong Buk Kut Teh)など有名店はありますし、日本語のサイトでもたくさん紹介されています。

そのお店も悪くないですが、やはりお店のレベルはKlangのほうが圧倒的に高いですね。

当然Klangはバクテーのお店がたくさんありますが、中でも私がオススメできるのが四眼仔肉骨茶(Sei Ngan Chai Bak Kut Teh)というお店になります。

日本語のサイトでほとんど紹介されていませんし、ローカル度抜群なお店になりますが、味は間違いありません!

Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

スポンサーリンク

まずマレーシアとシンガポールのバクテーの違いについて

マレーシアとシンガポールのどちらもバクテーが有名ですが、味については全然違います。

大まかに説明すると、シンガポールのバクテーは、透明なスープに白胡椒がきいたややスパイシーな味わいです。

これに対しマレーシアのバクテーは、黒くてドロッとしたスープで少しコクが感じられる味わいです。

(マレーシア内でも更に細かい区分があります)

どちらも美味しいですが、私が好きなのは圧倒的にマレーシアのバクテーですね!

Klangはローカル度抜群なエリア

このお店があるKlangはクアラルンプールから車で30分~1時間くらい西に走ったところにある、海沿いの港町です。

大都会クアラルンプールからそれほど離れていないにも関わらず、鄙びた地方都市といった風情でしょうか。

観光地的なのはあまりないですが、ゆったりと時間が流れるマレーシアの地方都市っぽい雰囲気の街ですね。

お店の周りはこんな感じです。

around Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

around Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

お店もローカル度抜群

signboard Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

entrance Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

entrance Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

お店の入口はこんな感じです。

典型的なローカル向けのレストランですね。

inside Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

inside Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

menu Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

ローカルだらけで一見敷居が高そうですし、基本店員さんは中国語かマレー語メインで英語はあまり通じません。

と言ってもメニューの種類もあまりないので、適当にオーダーしても何とかなりそう(汗)

(ローカルのマレーシア華人と一緒に行くのがベターですけどね)

pot Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

tea Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

テーブルの横にこうやって大きなヤカンがあるのも、またローカルっぽい味がありますね。

中国茶をオーダーした場合は、横のヤカンからセルフでお湯を急須につぎ足していくわけです。

garlic Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

中華系のローカルレストランは、どこに行ってもこういうニンニクと唐辛子が置いてあります。

この画像右端にあるように、このニンニクと唐辛子を適度に小皿にとって、中国醤油を注ぎます。

この醤油に適度なコクと辛さが出るので、おかずをつけて食べると美味しいですよ。

刺身をわさび醤油で食べるのと同じようなもんですね。

しつこくなく五臓六腑に染み渡るスープ!

さて、肝心のバクテーです。

soup Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

soup Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

まずは一番スタンダードなバクテー。

漢方薬のスープに豚バラ肉やホルモン、湯葉とキノコが一緒に煮込まれています。

煮込まれて適度に脂も落ちましたが、ジューシーな豚バラ肉!

さっぱりといただけますよ。

soup Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 3

当然ながらスープも美味しいので、こちらも味わいましょう。

youtiao Sei Ngan Chai Bak Kut Teh

まずは、中華粥のお店でよく見る「油條(ヨウティアオ)」。

これもスープにつけて食べると美味しいです。

rice Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

rice Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

そして、日本人ならやっぱりご飯!

このスープはすごくご飯が進みますよ。

漢方薬による医食同源で健康的な味わいにも関わらず、料理としての美味しさを両立させています。

豚肉をたっぷり煮込んだとは思えないさっぱりした独特の味わいですね。他では味わえないスープです。

スープをごくごく飲んでも胃もたれしない、五臓六腑に染み渡るこのスープ。

お茶漬けになるくらいご飯にたっぷりかけてもいいですね。

ドライバクテーもぜひ食べてみて!

そしてもう一つのオススメは、スープを使わないドライバクテー!

dry Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 1

dry Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 2

dry Sei Ngan Chai Bak Kut Teh 3

こちらは唐辛子もきいて少しピリッとしつつ、角煮っぽいコクが感じられる味わいです。

スタンダードなスープのバクテーほど有名じゃないですが、これをオーダーしないのはもったいない!

ご飯と一緒に食べても美味しいですが、ビールにもすごく合いますよ。

私はむしろドライバクテーのほうが万人受けすると思います。

スープバクテーでさっぱり食べつつ、ドライバクテーでこってりした豚肉を満喫してみませんか?

クアラルンプールから車を飛ばして行く価値ありです!

本当にこのお店はオススメなのですが、問題はアクセスなんですよね。

Klang方面へKTMと呼ばれる電車が30分に一本走ってますが、電車自体もよく遅れたりあまり当てになりません。

また、駅からレストランも離れているので、車でないと現実的にアクセスするのは難しいです。

ローカルのマレーシア華人の人に連れて行ってもらうのがベストですが、その当てがない場合はタクシーをチャーターしてクアラルンプールから行くのがいいでしょうね。

ある程度のクラスのホテルなら安心できるタクシーを頼んでくれますし、タクシーのチャーターも日本と比べて遙かに安いです。

そんなハードルもあるお店ですが、それを乗り越えてでも行く価値があるのは間違いありません。

ここまで行けなかったとしても、マレーシアのバクテーは本当に美味しいので一度は味わっていただきたいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする