「Village Park」セレブにも愛されるクアラルンプール有数のナシレマの名店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 76

こんにちは、なぐもさむです。

私がマレーシアに住んでいた時はそこまで好きではなかったのですが、日本に帰国してからはすごく食べたくてたまらなくなったマレーシアの食べ物があります。

それが、今回のお店と共に紹介するナシレマです。

マレーシアで生活していると、日本のおにぎりのようにナシレマはありふれたものです。

したがって、いくらでもナシレマを食べるチャンスがありましたが、日本ではマレーシア料理店にでも行かない限りはチャンスがありません。

そんなナシレマはマレーシアを代表する食べ物の一つですから、マレーシアを訪れたら一度は食べてもらいたい料理です。

ナシレマを提供するお店はそこらじゅうにありますが、美味しいお店となると限られます。

そこで今回は、とびっきり美味しいナシレマを食べたいという人のために、マレーシアのセレブにも愛されるクアラルンプール有数のナシレマの名店を紹介したいと思います!

Village_park__Nasi_Lemak_1

スポンサーリンク

そもそもナシレマとは?

そもそも、みなさんはナシレマってご存知でしょうか?

ナシレマはマレー系の料理ではありますが、マレーシアのマレー系・中華系・インド系といった各民族を問わず広く愛されています。

テイクアウトでもレストランでも朝食と昼食で提供する定番メニューですから、まさにマレーシアの国民食といってもいいでしょう。

Village_park__Nasi_Lemak_2Village_park__Nasi_Lemak_3

出典 : http://ethnic-as.net/selection/gourmet/33/

もっともベーシックなナシレマは、ココナッツミルクで炊き込んだご飯に、乾燥した小魚とピーナッツ、サンバル(魚などの風味がするチリソース)とゆで卵がトッピングされます。

テイクアウト用だと、このようにそれらをバナナの葉でおにぎりみたいに三角に包むのが通常です。朝食か昼食として買って職場で食べる、まさにマレーシア版おにぎりですね。

これがレストランでのメニューだと、サイドの具が豪華になります。

多くの場合は、一緒にフライドチキンを食べることが多いですね。

マレーシアのセレブから市民まで幅広く愛されるお店

まさに国民食のナシレマですから、屋台からチェーン系まで様々なお店で食べられます。

中でもナシレマの名店として名高いのが、今回紹介する「Village Park」です。

Village_park__Nasi_Lemak_4

私は混雑を避けるために、訪れたのはランチより早い午前11時過ぎです。(営業時間はAM7:00からPM7:30です)

しかし、その段階でお店の外まで人がたくさんでした。

Village_park__Nasi_Lemak_5

ナシレマは庶民的な食べ物ではありますが、このお店は一般市民だけでなくマレーシア人なら誰でも知る有名なセレブも食べにやってきます。

何と言っても、ナジブ首相の写真がレジのところにかざってあるくらいです。

Village_park__Nasi_Lemak_6

他にも、ルックイースト政策で有名なマハティール元首相や芸能人・スポーツ選手など、数多くのセレブがお店を訪れた際の写真がかざられています。

奥深い風味のサンバルとジューシーなフライドチキン!

Village_park__Nasi_Lemak_7

セレブの写真が飾られたレジの横で、こうやってナシレマが作られています。

そこにメニューが貼られていますが、“Nasi Lemak Ayam Goreng”がナシレマになります。

ちなみに、”Ayam Goreng”とはマレー語でのフライドチキンです。

Village_park__Nasi_Lemak_8

もちろん私はナシレマを注文しました。

回転は悪くないお店なので、おそらくすぐにナシレマが運ばれてくると思います。

これがナシレマです!

Village_park__Nasi_Lemak_9

ココナッツミルクでほんのり甘い香りがするご飯は、日本のご飯とは違った味わいです。

他のお店よりもご飯がしっとり炊き上げられてるので、ご飯そのものも美味しいですね。

そして、右上の赤茶色のソースがサンバル。

見た目はキレイじゃないですが、このサンバルとピーナッツと小魚をご飯に混ぜましょう!

Village_park__Nasi_Lemak_10

個人的に注目してほしいのは、このサンバルです。

唐辛子の辛さ以上にうまみがすごくきいてる!

唐辛子に魚やニンニクなどをきかせて、辛さと甘さが混ざったようなうまみとコクを出しているので、このサンバルはご飯に絶妙なくらいよく合いますね。

ここのナシレマが美味しいのは、このサンバルの力が大きいんじゃないでしょうか。

でも、サンバルは辛いので入れ過ぎは要注意です。

Village_park__Nasi_Lemak_11

そして、ここのお店はフライドチキンも見逃せません。

外側は鶏皮までパリッとしているけど、中身はジューシーなチキンです。

マレーシアでフライドチキンはどこでも食べられますが、脂っこいとか肉がパサパサしてたりとかが多いので、これくらいの美味しいフライドチキンはあまりお目にかかりませんね。

フライドチキンの単品だけでも食べたくなりますね。

骨から外した肉をご飯に混ぜていただきましょう。

MRTの駅から歩くのは遠い

このお店があるのは、クアラルンプールの西側にあるPetaling Jayaになります。

お店の周りはUptownと呼ばれており、オシャレなカフェや日本人に人気のうどん屋など、飲食店を中心とした常に人が集まっているエリアです。

新しい高架鉄道のMRTが開業したので、TTDI (Taman Tun Dr Ismail)駅から徒歩でもアクセス可能ですが、約20分くらいかかってしまいます。

男性の方は明るい時間帯に駅から歩いていくのもアリですが、車で行くのがベターでしょう。

車をお持ちでないなら、TTDI駅からお店はGrab CarかUberで10分かからないくらいです。

また、お店近くにあるThe Starlingというショッピングモールが、LRTのKelana Jaya駅とMRTのTTDI (Taman Tun Dr Ismail)駅まで無料送迎バスを運行しています。

公式サイトに時刻表がありましたが、モール発の時間しか出てないですね。どちらも近くなので、モールを出て10分かからずに駅に到着するでしょうから、それが目安になるかと。

慣れないと駅のどの辺でバスに乗るのかわかりにくいでしょうし、行きはGrab CarかUberにして、帰りに無料送迎バスを利用するのはアリかと思います。

まとめ

以上、マレーシアのセレブにも愛されるクアラルンプール有数のナシレマの名店を紹介させていただきました。

地元の人が絶賛するレベルのローカルフードを食べてみたい人は、朝食か昼食の時間帯にぜひこのお店を訪れてみてください。

中心部から少し離れてますが、食べに行く価値は大いにありますよ!

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする