なんでパスポート持ってないの?せっかくだから取得しましょうよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73

こんにちは、なぐもさむです。

先日こんな記事を見かけました。

172カ国・・・ この数、なんだと思いますか? 正解は、“日本人がビザ無しで訪れることができる国”の数なのです!(パスポート自由度ランキング2013より) 日本が認める世界の総国数は195カ国なので、ほとんどの国は簡単に行けるのです!

私も海外旅行に慣れてない頃は、海外行くならパスポートがあれば行けるんでしょ?と思ってました。

でも、実際はビザが必要な国もそれなりにあるんですね。

例えば、マレーシアとタイは2013年からようやく日本へビザ無しで観光旅行ができるようになりました。

それ以来、私の両国の友人がたくさん日本へ旅行に行ってます。

それまではビザを申請するのに預金口座の残高証明を提出したりとか、日本に行くハードルはとても高かったのです。

それに対して日本のパスポートは信頼性が高いので、観光目的ならビザ無しで行ける国の数は世界でもトップクラスです。

しかし、それでも日本人のパスポートの保持率はわずか20%です。

多くの先進国はもちろんですが、おそらく私がいるマレーシアも50%は越えているんじゃないでしょうか。

別に海外に行く事が絶対に良いとまで言うつもりはないです。

しかし、簡単に海外に行けるのに行かないのはもったいなぁとは思っちゃうんですよね。

私のブログは海外ネタが多いと思いますけど、すべてはパスポートを取得しないとなにも始まりません。

そこで、改めてパスポートの取得方法について振り返ってみました。

スポンサーリンク

なんでパスポート取らないの?

私の周りでも生涯日本を出たことがないし、今後も出るつもりは無いって公言している人間はたくさんいます。

彼らに聞くと、とにかくわざわざパスポートを取得するのが面倒くさいにつきるらしいです。

まぁ、要はやりたくないし興味無いからそう思うだけなんですよね(苦笑)

そういう人は無理に取得しなくてもいいと思います。

でも、少しでも興味があるのなら、ぜひパスポートを取得して新たな世界の扉を開きませんか?

世界のグローバル化が進んだおかげで、特にアジアの首都にあたる都市だとかなり東京に近いものがあります。

ただ、まったく日本と同じという事はあり得ません。(逆に言うと、日本は良くも悪くも世界的に見て特殊な環境です。

さらに、航空券もLCCがどんどん参入していることにより安くなる一方です。

今では新幹線の普通車で東京から大阪へ行くより、LCCで成田から韓国・台湾・香港へ行く方が安い場合が多いです。

別に海外旅行だからって特別に敷居を上げる必要はないと思うんですよ。

ちょっと週末に台北へ小籠包を食べに出かけるくらいの軽い気持ちで出かけてみてはいかがでしょうか?

パスポートの取り方

基本的な申請から受領までの流れは、外務省によると以下のようになります。

 (注)以下は、初めてパスポートを申請するとき等の例です。パスポートについての詳細なお問い合わせは、国内での申請の場合は各都道府県のパスポート申請窓口、国外での申請の場合は各在外公館(大使館又は総領事館)までお願いします。 切替発給、紛失・盗難届、氏名や本籍等の変更、査証欄増補の場合は、それぞれ該当する項目を...

ここには書いてありませんが、申請から受領までの期間は、その時の申請の状況によって変わるようです。

やはり申請が多い時期だと時間がかかる可能性はあるかもしれません。

でも、申請からだいたい一週間前後で受領が可能になるようです。

そして5年有効にするか10年有効にするかですが、面倒くさいなら10年でいいと思います。

パスポート申請のついでに

パスポートの紛失は色々と手続きが大変です。

ただ、一つ事前に準備できることがあります。それは、紛失及び再発行手続き用の写真を準備することです。

パスポート申請の写真を作る際には、2枚余分に写真を焼いて旅行カバンの中に忍ばせておくと、いざという時に役立つと思います。

また、海外にはまってしまいパスポートのページ数が足りなくなる人もいるかもしれません。(ビザで1ページ使われる事もあるんですよね)

パスポートのページ数が足りなくなったら、一度だけ増補ができるのも覚えておくといいでしょう。

それじゃ、どこいく?

近日、海外旅行初心者向けにオススメの渡航先について書いてみようと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする