海外情報

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法について

投稿日:

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_1

こんにちは、なぐもさむです。

iPhoneをお持ちのみなさん、Apple Payは使ってますか?

Apple Payを使っていても、日本でしか使えないと思ってませんか?

結論から言うと、日本のApple Payは海外でも使えます!

多くの日本人と同様、私のメインのスマホはiPhone。

私は日本でもiPhoneでApple Payを頻繁に使いますが、海外でも同じように使っています。

Apple Payは海外でこそ便利に使えるのですが、海外でも使っている人はあまり多くないんじゃないでしょうか?

そこで今回は、海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法について解説します。

 

海外でApple Payを使うべき理由。

海外で Apple Payを使うべき理由は、現金・クレジットカードよりもセキュリティレベルが高くて、かつ使い勝手がいいことにあります。

 

セキュリティレベルが高い

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_2

通常のクレジットカード払いは、カード番号がお店やカード会社に残ります。

悪質な店などで、細工されたカードリーダーでスキミングの被害に遭う可能性もゼロではありません。

しかし、Apple Payは紐づけされたクレジットカードとは別の独自コードを使い、お店やAppleにカード番号は保存されないシステム上の仕様となっています。

さらに、決済時にはFace ID, Touch IDによる生体認証が必要です。

また、紛失したら『iPhoneを探す』で紛失モードにすれば、iPhoneそのものが使えなくなります。

この点で、Apple Payはクレジットカードよりもセキュリティレベルが高く、スキミングや紛失による不正利用の被害も防げるでしょう。

 

現金・クレジットカードよりも使い勝手がいい

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_3

現金・クレジットカードを使う時には、財布を出さないといけません。

財布は支払の時くらいしか出さないですし、防犯のためにも取り出しにくいところにしまっておくでしょう。

やはり、財布をいちいち出すのが面倒なのは否めません。

その点、iPhoneは財布よりコンパクトでサッと取り出せます。

Apple Payなら、iPhoneを出してFace IDなどで生体認証すれば、すぐに決済できます。

また、現金払いではありませんから無駄なお釣りもたまりません。

海外でもらったお釣りのコインが余ることがしばしばですけど、使いみちに困りますし、無駄に余らせるのももったいないですよね。

そして、日本円の現金を現地通貨に両替するより、Apple Payに紐づけされたクレジットカードで外貨決済するほうがレートがいいのが通常です。

やはりApple Payは、現金・クレジットカードよりも使い勝手がいいといえるんじゃないでしょうか。

 

日本と海外のApple Payの違い

Apple Payを使ったことがある人はおわかりでしょうが、私たち利用者はお店ではApple Payとして支払うのではありません。

つまり、Apple Payというプラットフォームにクレジットカード等を紐づけして、そのカードが持つ様々な電子決済サービスで支払うようなイメージです。

Apple Payでは、日本や中国で使われる独自仕様の電子決済サービス、そして海外で広く使われる電子決済サービスの両方が利用できます。

 

日本のApple Pay

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_4

日本のApple Payで使われるのは、クレジットカードの電子決済サービスであるiDQUICPay、そして交通系ICカードのSuicaです。

さむ
お店で決済する際は『Apple Payで!』ではなく、『iDで!』『QUICPayで!』『Suicaで!』と言いましょう。

 

これらの電子決済サービスのマークがあるところなら、基本的にはどこでも使うことができます。

しかし、これらは日本独自のサービスであり、海外では使えません。

 

海外のApple Pay

2019年4月現在、Apple Payが使える国はこれだけあります。

+ Apple Payが使える国(クリックで展開)

■アジア太平洋地域
オーストラリア
中国
香港
日本
ニュージーランド
シンガポール
台湾

■ヨーロッパ
デンマーク
フィンランド
フランス
ガーンジー
アイルランド
マン島
イタリア
ジャージー
モナコ
ノルウェー
ポーランド
ロシア
サンマリノ
スペイン
スウェーデン
スイス
ウクライナ
英国
バチカン市国

■中南米、カリブ
ブラジル

■中東
アラブ首長国連邦

■北米
カナダ
米国

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_5

海外の電子決済サービスは、Visaのタッチ決済(海外ではVisa payWave)Mastercard コンタクトレスが主流です。

これらの電子決済サービスのマークがあるか確認しましょう。

さむ
Mastercardのpaypassはコンタクトレスの旧名称で、お店によってはまだこのマークが貼られています。

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_6

そして、このようにクレジットカードにもコンタクトレスのマークがあれば、カードを端末にタッチすることで決済できます。

さむ
お店で決済する際は、『Visaで!』『Mastercardで!』と言いましょう。

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_7

Apple Payでは、Mastercard コンタクトレスとAmerican Express コンタクトレス、そしてJCB コンタクトレスが使えます。

つまり、残念ながらApple PayでVisaのタッチ決済は使用できません。

海外でVisaのタッチ決済を使いたい場合は、Visaのタッチ決済に対応のVisaカードを作るのが唯一の手段です。

年会費無料のイオンカードで作って持っておくのもいいでしょう。

イオンクレジットカード

 

よって、海外でApple Payを使うためには、Mastercardコンタクトレスが第一の選択肢となります。(アメックスとJCBは加盟店が多くありません)

ただし、Apple PayのMastercardコンタクトレスを使えるのは、前述のApple Payが使える国のみです。

Apple Payを使える国はまだ欧米が中心なので、アジア方面にも増えてほしいですね。

 

日本のMastercardでもApple Payでコンタクトレスできるのか?

Apple PayのMastercardコンタクトレスについて、ここで皆さんは疑問が湧いたかもしれません。

日本のMastercardをApple Payに紐づけしても、Mastercardコンタクトレスは使えるのかな?
さむ
残念ながらAppleやMastercardは、その辺の公式情報を詳しく周知してくれないんですよね。。。

 

日本のApple Payの公式サイトを見ても、iD・QUICPay・Suicaを使う以外の情報はまったく書かれていませんでした。

実は日本のマクドナルドやイオン・ローソンなどは、VisaやMastercardのコンタクトレスに対応しています。

しかし、そういうお店はたいていiD・QUICPay・Suicaが使えますからね。。。(外国人観光客にはありがたいサービスでしょう)

Mastercardのサイトを見ても、コンタクトレスに対応したごく一部のクレジットカードを告知するだけで、Apple PayのMastercardコンタクトレスについての情報は十分ではありません。

 

MastercardでApple Payの設定をして確認するしかない

もしすでに手持ちのMastercardでApple Payを設定してるなら、Walletを開いて確認してみましょう。

Walletを開くとこのような画面になります。

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_8

なんと、QUICPayと一緒にMastercardのマークがありました!

私の場合は、プライオリティパスで空港ラウンジが使い放題になるなど、海外向けサービスで定評ある楽天プレミアムカードのMastercardで設定しています。

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_9

iPhoneの『設定』→『WalletとApple Pay』で、この楽天プレミアムカードを開いてみます。

ここにはクレジットカード番号の他に、デバイスアカウント番号としてQUICPayとMastercardの番号がありました。

これが前述したクレジットカードとは別の独自コードです。

つまり、ここにMastercardのデバイスアカウント番号があれば、実はMastercardコンタクトレスも使うことができるといえます。

まだMastercardで設定していないなら、『設定』→『WalletとApple Pay』の『カードを追加』でMastercardを読み取ってApple Payの設定をしてみましょう。

ただし、これはAppleやMastercardは公式アナウンスをしていないので、あくまでご自身が手持ちのMastercardでApple Payを設定して確認するしかありません。

 

Apple Payを海外で使ってみた

そんなわけで、Mastercardコンタクトレスを実際に海外で使ってみました。

私はシンガポールと香港で使った経験があります。

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_10

まずは、シンガポールのチャンギ空港の制限エリアにあるドラッグストアにて。(お店の写真は撮り忘れました。。。)

『Mastercardで!』といっても店員さんは特に戸惑うことなく、スムーズにタッチして決済できました。

 

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_11

海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法_12

そして、香港の中環にある有名なお菓子屋さん。

こちらも『Mastercardで!』といって、スムーズにタッチして決済されました。

iDやQUICPayがMastercardに変わっただけであり、日本のApple Payとまったく変わらず決済することができますね。

 

まとめ

以上、海外でApple PayのMastercardコンタクトレスを使う方法について解説しました。

Mastercardコンタクトレスは日本では馴染みがありませんが、実際には多くの日本のApple Payユーザーも使える便利な電子決済サービスです。

私の手持ちのMastercardでは、プライオリティパスで空港ラウンジが使い放題の楽天プレミアムカード、そして海外キャッシングに定評があるセディナカードで、MastercardコンタクトレスのApple Payを設定できました。

オススメ
セディナカードJiyu!da!_1
セディナカードJiyu!da!の海外キャッシングは手数料無料で両替できます!

続きを見る

この機会に、ぜひ一度海外でもMastercardコンタクトレスでApple Payを使ってみませんか?

特に欧米では、財布やカードを出さなくてもiPhoneだけで決済できる場面がかなり多いでしょう。

それでは、また!

 

  • この記事を書いた人
さむさん

さむさん

うつ病による退職後、アラフォーでタイとマレーシアで海外就職を実現しました。 現在は東京から、日本や世界の壁を越えた新しい働き方や生き方を追求中です。

-海外情報
-

Copyright© Borderless World , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.