英語 学習

とにかく英語を話せるようになるために今すぐやるべきこと

とにかく英語を話せるようになるために今すぐやるべきこと_01

こんにちは、さむさんです。

皆さんは、英語を話せるようになりたいですか?

おそらく、ほとんどの人が英語を話せるようになりたいと思ってるでしょう。

しかし、残念ながらこの国ではまだ多くの人が英語を話せません。

そもそも日本で生きる限りは常に日本語に囲まれて生活するわけですから、日常生活では英語に触れる機会すらあまりないのが現状です。

『誰でもカンタンに英語が話せるようになる!』なんて話もちょくちょく出てきますが、ホントにそんなにカンタンに話せるようになるなら、誰も苦労しないわけで。

だから英語を話せるようになるには、今までの日常生活ではやらなかったことをやる必要があるわけです。

では、いったい何をすればいいのでしょうか?

それはとても単純な話です。

まずはシンプルな英語でいいですから、とにかく英語を今すぐ実際に話してみましょう。

 

アラフォーになってから実際に英語を話し始めた

How_to_speak_english_02

私が海外就職を実現できたのも、英語である程度話すことができたからです。

それでも私は学校での英語はあまり得意ではなかったですし、アラフォーになって英語の勉強を始めるまで英会話はまったくできませんでした。

しかし、英語は義務教育でも勉強していることですから、いつ勉強を始めてもゼロからのスタートではありません。

これが中国語なら、ピンインの読み方や発音など一番最初から始める必要があります。

つまり、英語は他のどの外国語よりも馴染みがあり、スタートの段階で過去の蓄積があるわけです。

よって、英語であれば年をとってからでもまったく問題なく話せるようになるでしょう。

 

TOEICなどの試験勉強だけで話せるようにはならない

How_to_speak_english_03

残念ながら、大学受験やTOEICなどのペーパー試験に向けた英語の勉強は、英語を話すのには直結しない勉強です。

英語が話せない人でも、今までペーパー試験に向けた英語の勉強はしてきたでしょう。

ただ、こういう試験勉強で学ぶ英語は、実際の英会話ではあまり使わない文法のパズルみたいな問題も少なくないですからね。

さむさん
だから学生時代の英語の勉強は面白くなかったですし、今でも好きではありません。

私が外資系企業で働いていた時も、英語を話したりメールしたりする場合は英語のネイティブスピーカーじゃない人を相手にすることがたくさんあります。

だから、社内で使う英語は多くの人にわかりやすくする必要があるので、基本的に現在形や過去形・未来形で作ったシンプルな文章です。

学者の論文じゃなくて実務の世界ですから、高度な文法を駆使した文章は必要ありません。

とはいえ、中学校で習うレベルの英文法は会話でも必須なので、必ず勉強しておきましょう。

そして、TOEICも英語を勉強するペースメーカーとして使うならいい試験ですし、日本国内で転職活動するならTOEICのハイスコアは大きな武器になります。

海外在住者が『TOEICなんて話せるようにならないから無意味』とか言おうが、多くの日本人は日本国内での転職活動や昇進でTOEICのスコアが求められます。

将来はともかくとして、直近の転職活動などで周りのライバルを出し抜くのにTOEICのスコアが求められるのなら、さっさと勉強してハイスコアをとって目的を達成しましょう。

そして、目的を達成したあとは英会話に取り組みましょう。

さむさん
急ぎでTOEICのスコアが求められないなら、英語の会話に慣れて英語に抵抗感がなくなったあとにTOEICの試験勉強を始めるのは大いにアリだと思います。私もそうしました。

 

プールで泳がなければ泳げるようにはならない

How_to_speak_english_04

ところで、プールや海で泳げる皆さんは、どうやって泳げるようになりましたか?

おそらく100%の人が、教室で泳ぎ方を習っても泳げるようにはならず、実際にプールや海で泳いだことで泳げるようになったと思います。

英語で話すのも同じことで、実際に英語で話したことがないのに話せるようになるわけがありません。

私と同世代の友人で、同じようにアラフォーになってから英会話ができるようになった人がいます。

彼が英語を話せるようになったのは、香港の友人に『実際に英語を話さないと一生話せるようになれないよ!』と言われたのがきっかけだそうです。

それから彼は積極的に外国人を相手に英語を話す場数を踏んで、今では海外移住を実現しました。

私が英語で話せるようになったのも、ほぼ同じ方法です。

英文法など座学の勉強もやりましたが、それ以上に外国人を相手に英語で会話やチャットなどコミュニケーションの場数を多くとったことが大きかったと思います。

語学は日々の学習を積み重ねてマスターするものですから、会話も同じく実際に話す経験を積み重ねる必要があるわけです。

 

 

英語を話すのに必要なのはたくさんの単語と高度な文法ではない

英語を実際に話す経験を積み重ねるとしても、『英語を話すためには、単語をたくさん覚えて文法を全部マスターしないとダメなのかな。。。』と思う人は少なくないでしょう。

しかし、英語を話すのに必要なのはたくさんの単語と高度な文法ではありません。

基本は中学校で習ったレベルの単語と文法を使い、シンプルで短い英文にしましょう。

さむさん
前述の通り、私も外資系企業で使っていた英語もそのような感じでした。

自分の知ってる単語に言い換える

How_to_speak_english_05

英語を話そうとしても、単語がわからなくて会話が止まってしまった経験は誰にでもあると思います。

しかし、たくさんの単語を覚えないと英語を話せないとしたら、もしわからない言葉が出てきたらすぐに会話が止まってしまうことになります。

いつまでも単語を覚える必要がありますし、きりがないですよね。

だから、英語を話す際のスタンスをちょっと変えてみましょう。

それは、『もしわからない単語が出てきた場合は、自分の知ってる単語に言い換えて話せばいい。』ということです。

例えば、『私はキュウリが嫌いです。』と英語で言おうとしても、キュウリを英語でどういうかわかりますか?

キュウリが『cucumber』だと知っていれば、『I don't like cucumber.』ということができるでしょう。

もちろんその単語を知ってるのがベターですが、それがわからなくてもキュウリが嫌いだと伝えることはできます。

『I don't like it.』

『It's a vegetable.』

『It's green and long shape.』

などといった、自分の知ってる単語に言い換えた短文を駆使して説明すればいいのです。

こういうスタンスなら、単語を知らなくてもそれほど恐れる必要はないんじゃないでしょうか?

外国語である以上、知らない単語が出てくることはいくらでもありえます。

だから、ある単語を知らなくても他の単語で言い換えるスキルは不可欠なもの。

キレイな一つの文章で話せるほうがカッコいいですが、まずは短文を駆使して言いたいことを説明できるようになるのが実践的です。

 

基本的な文法でシンプルな短文を話す

How_to_speak_english_06

そして文法は、基本は現在形・過去形・未来形・否定文・疑問文といった基本的なもので、主語に続いて動詞そして目的語といった文法通りの語順で作られたシンプルな短文で十分です。

倒置など複雑な文法は使う必要はありません。

がんばって文法の知識を使って倒置とかを使っても、かえって相手にはわかりにくかったりする場合が多いですね。

そして、お決まりのパターンとしていくつかフレーズを身につけるといいでしょう。

例えば、何かを丁寧にお願いするなら『Would you...?』『May I ...?』などですね。

ここまで書いてきた考えを元にしてシンプルなフレーズを身につけるなら、この本が最適です。

これらのフレーズを身につければ、それだけで会話は十分成立するでしょう。

 

あとは、同じ著者が最新のトレンドを踏まえて書いたこの本もぜひ読んでみてください。

シンプルな英語を話すために必要な考え方が身につくことでしょう。

 

どこで実際に話してみる?

How_to_speak_english_07

あとは、とにかくどんどん英語を話す場数を踏んでいきましょう。

場数を踏めばだんだん気負わずに話せるようになりますし、英語が通じたという成功体験がさらなるモチベーションアップにつながります。

話す場数を踏むために最も手軽でかつ最適なのは、やはりオンライン英会話です。

私が英語の勉強を始めた最初の頃も、オンライン英会話を場数を踏む機会として利用しました。

いまだに『フィリピンのオンライン英会話の講師が相手で勉強になるの?』という人もいますけど、多くの日本人はフィリピンの英語講師の英語にケチつけられるレベルには達していないんじゃないでしょうか。

日本人向けオンライン英会話の講師は、英語が苦手な日本人の相手にも慣れています。

フィリピン人講師の明るいキャラもありますから、英語が苦手な人が英語でコミュニケーションをとる楽しさを味わい、実際に英語を話す場数を数多く踏む機会を作るには最適だと思います。

数多くあるオンライン英会話だと、とにかく場数を多く踏むというのを重視するなら、レッスン回数無制限で受け放題のネイティブキャンプでしょう。

スマホのアプリで24時間365日いつでもすぐにレッスンが受けられますし、英語に慣れてきたらカランメソッドでさらに実践的なレッスンも受けられます。

7日間無料体験の申込みはこちら

ネイティブキャンプ 公式サイト

英語を4倍の速さで学ぶカランメソッドの正式認定校

 

あとは、オンライン英会話の中でも認知度や顧客満足度でトップクラスのDMM英会話。

こちらも24時間365日いつでもレッスンが受けられますし、iKnowなどの英語学習アプリや、瞬間英作文やTOEFL・IELTSなどの豊富な教材が無料で利用できるのがありがたいですね。

DMM英会話

無料体験レッスンの申込みはこちら

DMM英会話 公式サイト

113ヵ国以上の講師といつでもつながる英会話

 

あとは、オンライン英会話とリアルなスクールのハイブリッド型といえる英会話のLOBi。

英語が苦手な日本人がシンプルな英語で話す実践的なメソッドを重視しており、数多くある受講生を対象としたイベントもモチベーションアップに役立ちそうです。

英会話のLOBiは1日12分から始める初心者向け英会話スクール_00
[PR]英会話のLOBiは1日12分から始める初心者向け英会話スクール!

続きを見る

LOB位_半年で英語が話せる3ステップ

今すぐ無料でLOBiを体験!

英会話のLOBi 公式サイト

 

あとは、海外に同じ趣味の友達を作るのを強くオススメします。

SNSなどで知り合ったりして、定期的にチャットやビデオ通話などでやり取りするのもいい勉強になりますよ。

私もそうやって海外の友達ができたことが英語学習の大きなモチベーションになりましたし、海外に就職しようと考えたきっかけになりました。

 

まとめ

以上、とにかく英語を話せるようになるために今すぐやるべきことは、とにかく英語を今すぐ実際に話してみるべきという件について解説しました。

私は英語で話せるようになったのはアラフォーになってからですし、明らかに遅いほうかもしれません。

それでも英語で話せるようになってからは、海外に友達ができたり、海外で働く経験を得ることができたり、自分の世界は大きく変わりました。

学生時代に英語が苦手だったとしても、社会人になってからの勉強でも十分英語は話せるようになります。

本気で英語を話せるようになりたいのなら、今すぐ英語を話してみましょう。

いつから始めても、決して遅くはありませんよ。

それでは、また!

 

  • この記事を書いた人

さむさん

うつ病による退職後、アラフォーでタイとマレーシアで海外就職を実現しました。 現在は東京から、日本や世界の壁を越えた新しい働き方や生き方を追求中です。

-英語, 学習

© 2020 Borderless World Powered by AFFINGER5