海外就職 仕事

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期は何月?

2019-02-24

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期_1

こんにちは、さむさんです。

特に転職活動を経験したことがない人を中心に、転職活動を始める時期はいつがベストなんでしょうか?という質問を受けたことは何回もありました。

一般的に、転職活動は求人が多い時期にやるのがベターと言われます。

私は今まで日本と海外で転職活動を数回やりましたが、それぞれ微妙に時期が違うので、求人が多かったり少なかったり様々でした。

そこで今回は、日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期は何月かについてまとめてみます。

さむさん
求人の多さだけで転職活動が有利にはなりませんが、求人が多い時期は知っておくべきだと思います。

 

求人が多い傾向の時期はある

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期_2

転職活動は求人が多い時期にやるのがベターといっても、そもそも求人が多い時期というのはあるのでしょうか。

一般的に転職市場に求人が出るのは、企業で新規事業を立ち上げたり人事異動があるタイミング、そしてメンバーの退職等でポジションが空いたタイミングです。

となると、そのようなタイミングを狙えば求人は多い時期になると考えられます。

 

日本での転職活動の場合

まず、日本での転職活動の場合はどうでしょうか。

日本で一般的に求人が多いといわれる時期は、3月〜4月、9月〜10月です。

ちょうど年度の上半期と下半期が始まるタイミングですね。

新規事業のために人を集める必要があったり、人事異動や組織再編などもあるので、社内外で人が大きく動く時期になります。

その他には、夏季と冬季のボーナスが支給された後の6月〜7月、12月〜1月も求人が多い傾向のようです。

やはりボーナスをもらってから退職するという人は少なくないですからね。

 

海外での転職活動の場合

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期_3

では、海外での転職活動の場合はどうでしょうか。

海外の場合は日本より人材の流動性が高いので、時期を問わずに求人が多そうなイメージでしょう。

確かに、多くの人は「キリがいい年度末で退職しよう」と考えるより、いい求人のオファーがあればパッと飛びついて転職して、企業側もその欠員補充を行うという感じです。

もちろん、新規プロジェクトに伴う人材募集も随時行われますが、プロジェクトの開始・終了は年度が切れ目になるのが多いです。

それに伴い人が動くので、やはり年度初め1月〜2月は求人が多めの傾向があるようです。

さむさん
多くの海外の企業は1月から12月が年度です!

 

要注意なのは、長期休暇の時期は求人がバッタリ止まること。

企業が求人をする際には、事前に社内でも複数の部署で様々な手続きが行われます。

長期休暇の時期は休む人が多くて休暇モードに入りますから、社内の手続きも滞りがちになるようですね。

さむさん
あとは年度末が近くて予算が足りないなどの事情もあるようです

 

では、海外の企業はいつが長期休暇になるのでしょうか。

まず、年末年始とクリスマスの時期は祝日と絡めて長く休む人が多くなります。

それ以外だと、欧米の企業だと6月〜8月に夏季休暇を取る人が多いです。

また、アジアの企業だと1月〜2月の旧正月(中国の春節)に長期休暇を取る人が多いです。

私もマレーシアで転職活動をした際は旧正月前だったので、あまり求人はホントに少なかったですね。

海外で転職活動する際は、その国の長期休暇の時期は避けたほうがベターでしょう。

さむさん
ただし海外の日系企業は、人事異動なども日本の本社に合わせるので、駐在員求人は日本と同様に3月〜4月・9月〜10月が多いようです。

 

自分にマッチした求人が出たときがベストの時期

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期_4

ここまで、日本・海外で求人が多い時期についてまとめてみました。

しかし、転職活動はその時期を狙えば間違いないという話ではありません。

まず、その時期は求人も多いですが、転職活動をする人も普段より多くなる時期です。

つまり、同じ求人に応募するライバルがさらに多いわけですから、それだけ競争率もアップするでしょう。

そして、いくら求人が多い時期だったとしても、ご自身の今後の方向性やスキルにマッチする求人が出てくるかは別問題です。

だから、転職活動を開始するオススメな時期というのは、自分にマッチした求人が出たときになります。

もちろん、そのような求人がいつ出てくるかは、その人の希望や状況で変わってきます。

だから転職を希望するなら、転職がしやすい時期を待つより、自分にマッチした求人を求めて積極的に動くべきです。

常に求人の情報にアンテナを張って、自分にマッチした求人が出てきたらすぐに動けるよう準備をしておきましょう。

自分にマッチした求人を探す前提として、なぜ転職したいかの理由、それを実現するにはどのような業界や会社がいいのかなど、自分の中で深掘りしてハッキリさせなければいけません。

言いかえれば、『自分自身をより理解する』ために自己分析するわけです。

だから転職したいという気持ちがあるのなら、まずその気持ちを自己分析していきましょう。

求人を探す前に自己分析をしっかりやらなければ、転職活動は成功できません。

自己分析をしたり転職市場の情報収集をするには、自分一人でやるよりも転職エージェントの力を借りるのが効率的でしょう。

転職エージェントをまず1社登録するなら、業界最大手のリクルートエージェントには転職市場に精通したプロフェッショナルのコンサルタントが多数在籍していますので、日本と海外を問わず転職市場の情報を広く集めることができます。

 

そして、もし今後転職活動を本腰入れて取り組むなら、複数の転職エージェントに登録して多方面から求人や情報を収集しましょう。

おすすめ
やった!内定!
タイとマレーシアへの海外就職でアラフォーの私が内定するまでやった事を時系列でまとめてみた

続きを見る

おすすめ
駐在員を目指す人にオススメのエージェント_1
駐在員として働きたい人が登録すべき転職エージェントについて

続きを見る

 

まとめ

日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期_5

以上、日本・海外で転職活動を開始するオススメの時期は何月かについてまとめてみました。

いつ転職活動を開始するべきか?

①日本での転職活動は、3月〜4月・9月〜10月は求人が多い。

②海外での転職活動は、1月〜2月は求人が多い。

③特に海外での転職活動は、クリスマスや旧正月など長期休暇の前を避ける。

④常に求人の情報にアンテナを張って、自分にマッチした求人が出てきたらすぐに動こう。

 

前述の通り、転職活動を開始する時期に縛られるよりも、いい求人を見つけるのに力を入れるべきです。

少しでも転職活動に興味があるのなら、まず自己分析して転職活動をするべきかしないべきか、そこから考えてみましょう。

それでは、また!

 

  • この記事を書いた人
さむさん

さむさん

うつ病による退職後、アラフォーでタイとマレーシアで海外就職を実現しました。 現在は東京から、日本や世界の壁を越えた新しい働き方や生き方を追求中です。

-海外就職, 仕事

Copyright© Borderless World , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.